次回より、ルルルブログと検索してください。
NO IMAGE

リード文の書き方でブログ記事の価値が決まる【記事の基本はリード文】

初心者ブロガー

ブログ記事を書くときに『リード文が大事』と言われるけど、リード文にはどんな意味があるの?

リード文の効果や書き方をわかりやすく解説しているサイトはないかな?

 

こう言ったブロガーの悩みを解決します。

 

  • リード文のテンプレが分かる
  • リード文を書いた方がいい理由が分かる
  • 気を付けるポイントが分かる

 

リード文は、ブログやWebメディア、営業メールなどで幅広く活躍します。

正しい書き方を覚えることで、たくさん読まれる記事を書くことができます。

 

この記事の筆者

  • ブログ歴2年
  • 2つのサイトを運営
  • ブログ収益あり
  • ブログ書籍100冊以上読破
  • ブログ系YouTube動画1000本以上視聴

 

僕はこの記事の内容を実践することで、ブログから収益を上げることができました。

収益を上げているサイトも公開していますので、参考にしてください。

どーの先生の保育士ブログ

 

間下雄介

僕も最初はめちゃくちゃ下手でした。

しかしリード文の構成を学ぶことで、読まれる記事に変化し、ブログで稼げるようになりますから一緒に学んでいきましょう。

 

サポーター

リード文の構成

リード文にはいくつかの型が存在します。

結論から言うとどの型を選んでもいいです。

 

本記事で紹介する型は、文字数を抑えられる&コピペOKなので考える内容がかなり少なくなります。

 

初心者ブロガー
初心者でも簡単に取り組めそうですね。

 

  1. 読者の悩み
  2. 記事を読んで分かること
  3. 筆者の経歴・信頼性
  4. この記事を読むとどうなるか
  5. 後押し

 

このテンプレを使えば、読まれるリード文に早変わりします。

 

間下雄介

再利用するときは、過去の投稿ページからコピペして文字を変えるだけ。

本当に簡単な作業だけど、リード文をきっちり書くことで読まれる記事になるよ。

 

リード文ってなに?

初心者ブロガー

その前に質問です。

リード文ってなんですか?

 

間下雄介

説明を忘れていました。

リード文とは、文章の冒頭文のことです。

 

リード文 具体例

 

目次や最初の見出しの前に書かれている文章で、読者が最初に目にする文章のことをリード文と言います。

プロのライターからは、「リード文が記事の8割を決める」と言われるほど、記事を書く上で重要な文章の1つになっています。

 

リード文の構成①:読者の悩み

文章の書き出しは、読者の悩みを書きましょう。

なぜなら最初の一文は最も読まれる可能性が高く、読者の共感を得られやすいからです。

 

読者の悩み 例文

 

初心者ブロガー
共感を得られるとどうなるんですか?

 

間下雄介

記事を最後まで読んでくれる可能性が高まります。

詳しくは別の章で解説するよ。

 

読者の悩みに一工夫を加えることで、読者の反応が良くなります。

文章の書き出しから読みにくい記事と思わせてはダメです。

 

間下雄介

僕は吹き出しを使って、読者に楽しんで記事を読んで貰えるようにしています。

特に女性のアクセスが多いサイトでは有効です。

 

アクセス解析ツールの使い方

➤アナリティクスの使い方

 

リード文の構成②:記事を読んで分かること

記事を読んで分かることを書くことで、読者に安心感と納得感を与えることができます。

 

記事の内容 例文

 

 

初心者ブロガー
記事の内容を先に提示したら、最後まで読まれる可能性が低くなりそうです・・・。

 

間下雄介
実はそんなことはなくて、むしろ最後まで読まれる確率が高くなっています。

 

2019年1月から12月までのデータ

2019年 平均滞在時間

 

2020年1月から12月までのデータ

2020年 平均滞在時間

 

注目してほしいところは、平均ページ滞在時間と言うところです。

2019年と比べて2020年では、1:30も滞在時間が増えています。

 

ページ滞在時間とは、1ページに読者がどれくらい滞在していたかを表す数字です。

 

つまり記事の内容を提示したからと言って、読者がページを離れることがありません。

むしろ、記事を読まれる可能性の方が高くなります。

 

リード文の構成③:筆者の経歴・信頼性

2021年1月現在において、筆者の経歴は必須と言えます。

なぜなら筆者の情報を提示することで、読者に安心感を与えることができるからです。

 

筆者の経歴

 

本記事をここまで読んでくれた理由の1つは、上記の経験に安心感を抱いたからではないでしょうか?

僕が初心者でブログ収益なし、学習歴もなしだったら興味も持たないことでしょう。

 

間下雄介
つまり今後のブログ活動において、実績は必須です。

 

初心者ブロガー
とは言っても、私には実績がありません・・・。

 

詳しい実績の作り方はこちらの記事で解説しています。

➤実績の作り方

 

リード文の構成④:この記事を読むとどうなるか

読者は行動を選ぶことができます。

読者があなたの記事にアクセスしたときの行動パターンは2つしかありません。

 

  • 記事を読む
  • 記事を読まない

 

初心者ブロガー

読者に記事を読んでもらえるように促すのは難しくないですか?

直接話しかけるわけではないし・・・。

 

間下雄介
そういうときのために、記事を読んだあとの未来を提示します。

 

この記事を読むとどうなるのか

 

未来を提示することで、読者の行動を限定させることができます。

この一文があるだけで、読者が記事を読み進めてくれる確率が高くなります。

 

間下雄介
例として、あなたもここまで記事を読んでいるでしょう?

 

初心者ブロガー
確かに・・・。

 

リード文の構成⑤:後押し

後押しとは、画像のような文章です。

後押しの文章

 

しかし後押しには、メリット・デメリットが存在します。

 

メリット

  • 読者が記事を読む可能性を高める
  • 親近感がわく

 

デメリット

  • 押し売り感がでる
  • 読者の気持ちが不快になる

 

後押しはアフィリエイトなどで商品を売りたいとき等にも効果を発揮します。

文章が特に思いつかないときは、無理して書く必要はありません。

 

間下雄介
必要な時に、書くのがおすすめです。

 

リード文を作り込んだ方がいい理由

ここまではリード文の構成についてみてきました。

 

初心者ブロガー

とても参考になりました。

めちゃくちゃ有益な情報です!

 

間下雄介
次のステップでは、リード文を作り込もうと言う話をしていきます。

 

リード文は、記事の世界を想像させるように作ります。

書き手は、頭の中で読者と会話をしながら作成していきます。

 

間下雄介
簡潔に言うと、妄想しながら記事を書き続けることです。

 

リード文を作り込んだ方がいい理由は以下の通り。

 

  1. 読者の滞在時間がSEOに有効だから
  2. 文章を読み進めるかの判断基準になるから
  3. 読者の共感を得られる
  4. 記事のコンセプトがずれない
  5. リード文で記事の完成度が決まるから

 

これらについて、詳しく解説していきます。

 

理由①:読者の滞在時間がSEOに有効だから

Google検索で記事を上位表示するためには、SEO対策が必須です。

数あるSEO対策の中の1つに、読者に価値のあるコンテンツ(記事)を提供することが上げられます。

 

初心者ブロガー
どういうことですか?

 

間下雄介

完結に話すと、『価値あるコンテンツは読者がしっかりと読み込む』と言うことです。

その結果、ページ滞在時間が長くなります。

 

つまりGoogleの評価基準の1つに、価値あるコンテンツ=滞在時間の長いページが上げられると言うことです。

 

僕は適切なリード文を書くことで、滞在時間を1:30伸ばすことができました。

その結果、Google検索で上位される記事が大幅に増えています。

 

理由②:文章を読み進めるかの判断基準になるから

リード文はその記事の顔です。

プロのライターからは、「リード文が記事の8割を決める」と言われることもあるくらい重要視されています。

 

つまり読者は、リード文で読者が記事を読むか読まないかを判断していると言えます。

 

間下雄介

読者には選ぶ権利があります。

魅力的なリード文を書けなければ、読者はあなたの記事を一文字も読んでくれません。

 

理由③:読者の共感を得られる

人は、憧れるか共感を持ってもらえる人のことを信頼します。

つまり、信頼してもらえないと記事を読み進めてもらえることはありません。

 

憧れる人

  • アイドル
  • スポーツ選手
  • トップブロガー

 

共感を得られる人

  • 悩みを打ち明けられる人
  • 家族
  • 友だちや親友

 

ブロガーが信頼を勝ち取るためには、『悩みを打ち明けられる人』になる以外の道しかないのです。

 

理由④:記事のコンセプトがずれない

ここからは、筆者目線での話になります。

 

間下雄介
メリットしかないよ。

 

記事を書くときは、どんな読者が読みに来るのかを想像しながら執筆します。

専門用語でペルソナ設定と言います。

 

最初に読者の悩みを書いておくことで、想定読者をイメージしながら書き続けることができます。

想定読者をイメージすることで、読者に刺さる文章を書けるようになり記事が読まれる確率が高くなります。

 

また読者の悩みを理解していないと、チグハグな文章で読みにくい記事になるためGoogleから評価される記事になりません。

 

間下雄介

まさに僕の過去記事がその例です。

誰に書いているのかも分からない、完全に自分勝手な記事になっています。

 

ペルソナ設定ができていない記事

GoogleAdSense30日停止【問題点を考察する】

 

ペルソナを意識した記事

【4年目保育士の目標】保育園から求められる役割を理解して整理する

 

初心者ブロガー
同じ人が書いたとは思えないくらい、完成度が違いますね。

 

つまり、どんな読者が記事を読みに来るのかを想像しながら書くことは、めちゃくちゃ重要なことなのです。

理由⑤:リード文で記事の完成度が決まるから

何度も話していますが、プロのライターは、「リード文が記事の8割を決める」と言っています。

つまり、本文よりもリード文が記事の完成度を左右していると言っても過言ではありません。

 

初心者ブロガー
確かに、いきなり本題に入っている記事を見たことはないよね。

 

適切なリード文には、『記事を読み進めたい』と心を動かす効果があります。

正しいリード文の書き方をマスターして、読者から好かれる記事を書いていきましょう。

 

リード文を魅力的に見せるコツ

リード文は、ただ闇雲に書けばいいと言うことではありません。

読者の悩みをイメージして、読者に興味を持ってもらえるように工夫する必要があります。

 

初心者ブロガー
でもそんなこと難しくないですか?

 

ここでは、僕が実際に使っているコツを紹介します。

 

  • 箇条書きで書く
  • 装飾を使う
  • 具体的な例や数字を出してアピールする

 

上記のコツについて、詳しく解説していきます。

 

ステップ①:箇条書きで書く

リード文を書く上で箇条書きを外すことはできません。

なぜなら要点を短い文章で、相手に伝えることができるからです。

 

間下雄介
例えば、僕の経歴を箇条書きにしないとこうなります。

 

例文

僕はブログ歴2年で2つのサイトを運営し、ブログから収益を発生させています。

またブログ収益を上げるためにブログ書籍を100冊以上、YouTube動画を1,000本以上視聴した過去があります。

 

初心者ブロガー

えっ・・・。

全く頭に入ってこない・・・。

 

文章が長くなると、読者が考える時間が長くなり理解するまでに時間がかかります。

それは、読者にとってマイナス行為です

読者の興味を惹く文章を完結に書くために箇条書きを使いましょう。

 

筆者のプロフィール

 

ステップ②:装飾を使う

僕がリード文を使うときは、太字、マーカー、ボックス、吹き出しなどあらゆる装飾を使います。

 

初心者ブロガー
なぜですか?

 

間下雄介

僕が運営しているサイトは女性向けのサイトです。

女性の興味を惹くためにはどうしたらいいのかを考えた時に、可愛いいサイトにしようと考えました。

 

その結果、装飾をたくさん使うことで読者の興味を惹くことに成功しました。

 

もちろん、選ぶジャンルによって読者層が変化するのでこの方法が必ずいいというわけではありません。

しかし、ほぼすべてのジャンルで有効な方法と言えます。

 

間下雄介

女性の読者が多いサイトは、『プリンセスマーケティング』と言う本を読んでみてください。

女性を動かす方法が事細かに書かれていて、非常に参考になります。

 

プリンセスマーケティング

 

 

ステップ③:具体的な例や数字を出してアピールする

僕の経歴紹介文は具体例の塊と言えます。

 

筆者の経歴

 

例えばブログ書籍100冊以上読破と書くと、『すごい!』と思ってもらえる可能性が高くなります。

 

初心者ブロガー

確かに100冊と言われるとインパクトが大きいよね。

でも、今から具体的な数字を作ると時間がかかるわ。

 

 

間下雄介
そういうときは、無理に数字を使わなくても大丈夫です。他の文章でカバーしましょう。

 

とは言っても、数字は大きな武器になるからコツコツ積み上げることが大切です。

 

魅力的なリード文は、読者を惹きつける効果がある

リード文は記事の核です。

正しいリード文を書くことで、今後のブログ運営を大きく左右することは間違えありません。

 

一方で雑なリード文を書くと、読者が離れてしまうサイトになります。

この記事を繰り返し読んで、自分の力に換えていってください。

 

間下雄介

この記事は僕の2年間の努力の結晶です。

過去記事のリード文のリライトは、マジで大変でした・・・。

 

初心者ブロガー

非常に参考になりました。

私も読者に読まれるリード文を書けるように頑張っていきます。

 

以上、リード文の書き方でした。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!